ハウスクリーニング フロアクリーニング

  • フローリングクリーニング
  • カーペットクリーニング

フローリングクリーニング

作業時間
汚れ具合や広さにより変わりますのでお問い合わせ下さい。
目安頻度
年に2回・床の光沢が無くなる、黒ずんできたら行う

フローリングクリーニング

フローリングは温度や湿度の影響を受けやすく、キズ付きやすい材質なのでワックスで保護する必要があります。ですが、在宅では家具や荷物が多く作業が大変な上にワックスも何を使用したら良いか判断が難しい場所です。ドイトおそうじプロは適切な洗剤・ワックスを使用し作業中にフローリングをキズ付ける事が無いよう丁寧に作業します。お部屋の雰囲気が大きく変わるクリーニングだからこそお任せください。

通常価格: 洗浄&ワックス 10帖まで ¥10,000~(税別)
  (10帖までは広さに関わらず¥10,000~となります)
(10帖を超える場合は1帖につき¥1,000〜となります)
  ハクリのみ 10帖まで ¥20,000~(税別)
  (10帖までは広さに関わらず¥20,000~となります)
(10帖を超える場合は1帖につき¥2,000〜となります)
  ハクリ&ワックス仕上げ 10帖まで ¥30,000~(税別)
  (10帖までは広さに関わらず¥30,000~となります)
(10帖を超える場合は1帖につき¥3,000〜となります)

BEFORE & AFTER

BEFORE AFTER

お掃除の流れ ハクリ&ワックス仕上げの場合

STEP1:
家具や敷きものを移動します。

STEP1

STEP2:
クロスなどが汚れない様、隅々までしっかり養生します。

STEP2

STEP3:
古く汚れたワックスを専用ハクリ剤を使用し剥がします。

STEP3

STEP4:
丁寧に表面を水拭きした後、フローリングを乾燥させます。

STEP4

STEP5:
ワックスを塗布します。

STEP5

STEP6:
乾燥させた後、家具を戻して作業完了です。

STEP6

フローリングクリーニングでよくあるご質問

何か事前に準備しておく事はありますか?
特にありませんが、作業予定箇所の小物類などをあらかじめ移動して頂くと作業時間の短縮になります。家具など重いものはこちらで移動しますのでそのままで結構です。
ハクリが必要なのかどうか分からないのですが基準はありますか?
ワックスを塗布して年月が経過すると、耐久性が弱まり内部に汚れが浸透してしまいます。その汚れたワックスの上にワックスを上塗りすると汚れが内部に入ったままですので黒くくすんだ状態になってしまいます。明確な基準はありませんが、この状態になりますと本来のワックス塗りたての美しい輝きはハクリ作業をしなければ戻りませんのでハクリ作業をお勧めしています。
ワックスの臭いがどのくらい残りますか?
ワックス塗布後には確かに臭いは多少残りますが、換気をして頂ければ数日で気にならない程度にまで消えます。
自分で行うのとどこが大きく違いますか?
ワックスの種類、技術面が大きく違います。ワックスにも様々な種類があり、床の素材に合わないものですと密着不良をおこしボロボロに剥がれてきてしまう事があります。塗布方法も専用の機材を使用して知識と経験をもとに作業しますのでワックスの擦れや塗り忘れなどには十分注意して行います。ワックスが完全に乾くタイミングを見極めるのも難しく、乾かないうちに家具を移動し跡が残るなどのミスも防げます。
ワックスで滑りやすくなりますか?
いいえ、なりません。滑りにくくなる「樹脂ワックス」を使用しますのでご安心下さい。

TOPへ戻る