ハウスクリーニング キッチン

キッチン

キッチンクリーニング

キッチンはご家族の健康を作る大切な場所です。毎日の使用ですぐに汚れてしまいますが食事の用意をする所なので特に清潔に保ちたい場所でもあります。シンク周りの水垢、コンロ周りのガンコな油汚れ、五徳、グリルの焦げ付きなど家庭用洗剤ではなかなか落とせない汚れも専用洗剤とプロの知識と技術で本来の輝きを取り戻せます。

通常価格:¥15,000~(税別)

作業時間
約2~3時間
作業範囲
シンク/ガスコンロ/ガス台/グリル(扉・焼き網・皿)/上下吊戸棚表面/照明/蛇口/窓内側/前面・側面の壁面
目安頻度
年に1回・ガスレンジのコゲや油が固まる前に行う

BEFORE & AFTER

BEFORE

arrow

AFTER

BEFORE

arrow

AFTER

お掃除の流れ

STEP1:
キャビネット・照明器具・上下吊戸棚表面などの汚れを落とします。

STEP1

STEP2:
壁面・窓ガラス(内側のみ)をお掃除し、ガステーブルの分解出来る部品を外し専用洗剤で漬け込みます。

STEP2

STEP3:
ガステーブルの接続部品の汚れを落とします。

STEP3

STEP4:
シンク・排水口・蛇口などを磨きあげます。

STEP4

STEP5:
全体を乾拭きして作業完了となります。

STEP5

キッチンクリーニングでよくあるご質問

キッチンクリーニングはどこまでお掃除してくれますか?
上下吊戸棚表面部と照明、窓内側を清掃したのち、油汚れの酷い箇所(五徳・グリル・ガスコンロ)などの分解可能な部品を取り外し、専用洗剤で漬け込みます。ガス台などもブラシを使用し丁寧に油をこそぎ落としていきます。シンク周りは水垢や排水口のぬめりの除去作業を行います。
どんな汚れでも落とせますか?
キッチン周りの汚れはほぼ落とす事が出来ます。しかし、素材の変色や劣化は落とす事ができません。例えばカビや油がコーキングの中に入ってしまい時間が経過すると化学変化がおき同化します。また、長年放置されていたキッチンコンロ周りの油汚れと塗装面が同化してしまった状態の物も同様です。その場合は作業前にお客様にどこまで油を除去するのか、塗装が剥がれる可能性がある旨を説明させて頂き、相談の上で作業します。
どのくらいの周期で専門のお掃除をしたらよいですか?
キッチンクリーニングは普段の使用状況によって専門のお掃除をするタイミングが大きく異なります。お客様が油汚れやシンクのカルキ汚れが気になりだしたタイミングでも結構ですが塗装面の油汚れの厚みが出てくる前やシンクが曇ってきた時点でのお掃除をお勧めします。

TOPへ戻る