ハウスクリーニング 洗濯槽クリーニング

洗濯槽クリーニング

洗濯槽クリーニング

目に見えない洗濯槽の裏側には、ホコリ、洗剤カスなどが付着し、放置しておくとそれらをエサにしたカビが繁殖してしまいます。1度付着してしまったカビは市販のクリーナーを使用してお掃除しても完全に除去するのは難しい汚れです。「洗濯物に黒い汚れがつく・・・」という場合はお掃除のサインです。洗濯槽の裏側がカビなどの汚れで真っ黒の可能性があり、せっかく洗った洗濯物に臭いが付いたりアレルギーの原因になる可能性があります。

通常価格:¥14,000~(税別)

作業時間
約2~3時間
作業範囲
本体の内側・外側/洗濯槽表面/洗濯槽/洗濯パン
目安頻度
年に1回・洗濯物の臭いが気になる、カビが衣類に付着するなどしたら行う

BEFORE & AFTER

BEFORE

arrow

AFTER

BEFORE

arrow

AFTER

お掃除の流れ

STEP1:
洗濯機のカバーを外し、洗濯機を分解します。

STEP1

STEP2:
底部分のパルセーターを外し、洗濯槽を引き抜きます。

STEP2

STEP3:
外せない部分も専用洗剤で丁寧にお掃除します。

STEP3

STEP4:
洗濯パンがある場合はしっかり汚れを落とします。

STEP4

STEP5:
部品を組み立てて全体を乾拭きをします。最後に試運転を行い、正常に作動するかお客様にも確認して頂き作業完了です。

STEP5

洗濯槽クリーニングでよくあるご質問

洗濯槽クリーニングはどこまでお掃除してくれますか?
洗濯機本体はもちろん、内部を分解し洗濯槽を引き出し洗剤カスを徹底的に除去します。また、洗濯パンの汚れも作業範囲ですのでしっかりお掃除します。
全ての機種に対応していますか?
申し訳ございません、ドラム式洗濯機及び縦型タイプでも一部対応出来ない機種があります。また、長年ご使用されているものに関しましてもネジ穴が腐食して回せないなど作業が出来ない可能性がありますのでご了承下さい。
洗濯時に衣類に付くカビはクリーニングすると無くなりますか?
はい、分解可能な限り分解して汚れを除去しますので基本的には無くなります。ただ、分解不可能な箇所の汚れが残る可能性があります。

TOPへ戻る