ノウハウ紹介

サムネイル

すみずみまでキレイに!お掃除のコツ

お掃除は高い場所から低い場所に、奥から手前に掃除をするのがきれいに掃除をするコツです。お部屋だったら電灯の笠、キッチンだったら換気扇等から順番に始めていくのがいいでしょう。

在宅クリーニング

汚れの種類や性質に合った洗剤や道具を!


お掃除の基本。知ってるようでいざ始めようとすると忘れてしまうことはありませんか?                
「きちんと洗剤でこすったのに、汚れが落ちない」なんて経験はありませんか?                
戦うにも相手の性質を知っていることが重要ですね。                
そんな時は、汚れの種類、性質を知っておくことが大切です。                
                
まずはお掃除基本に従って効率をあげましょう。                
ホコリなどの掃除は、上から下へ高いところから低いところへ順にお掃除します。               
そして棚などの場合は奥から手前へ順にお掃除します。汚れを手前にかき出すことで楽に掃除ができます。                
隅や狭い面からお掃除を始めることもポイントです。                
特に、洗剤や道具を使う時には、隅の方や狭い面で汚れ落ちを確認してから全体をお掃除します。                
広い中央から始めると、失敗した時にかえって汚れが目立ってしまいます。                
                
汚れにはさまざまな種類があります。               
食べ物の混ざった油汚れ、水アカ、ホコリなど、酸性、結晶性の違いはもちろん、汚れの状態や付着している場所、どのくらい頑固な汚れなのかまで、実にさまざま。               
どんな汚れなのかによって掃除方法も考えなくてはいけません。               
汚れの状態をよく観察することが大切ですよ!               
そして、掃除するものの材質、素材を把握しましょう。               
                
汚れと材質にあった洗剤・道具を使うことで、キッチン道具、インテリア家具、お風呂や機械などが長持ちすることでしょう。

新着記事

サムネイル

すみずみまでキレイに!お掃除のコツ

お掃除は高い場所から低い場所に、奥から手前に掃除をするのがきれいに掃除をするコツです。お部屋だったら電灯の笠、キッチンだったら換気扇等から順番に始めていくのがいいでしょう。

在宅クリーニング

サムネイル

なんでキレイにならないの!お風呂場のカビ

『お風呂場の隅っこにカビが生えてきたから市販のカビ取り洗剤をかけておけば・・・。』って思っていませんか?でも、実はこれだけではカビは完全には取れないんです。ビは菌が繁殖してできるもの、だからカビ取り洗剤がしっかりと菌に浸透しないと効果は半減・・・。掃除したのにまたカビが・・・ってなっちゃいます。カビ取りの洗剤を使用する前に、まずはカビの上に積もっている汚れを落としましょう。

浴室

サムネイル

もうイヤだ・・・。カビを生えにくくする一工夫

『そもそもお風呂場のカビって生えにくいようにならないの?』そんなご質問にお答えします。お風呂は高温多湿なのでどうしてもカビが発生しやすくなります。『うちは24時間換気なのにカビが生えた・・・』なんて方もいらっしゃいませんか?もちろん換気扇を回すことは大事!そこにもう一手間。お風呂から上がるときに冷水を壁・浴槽・床の順にかけて軽く水滴を拭き取ってあげてください。室内の温度が下がってカビ対策になりますよ。

浴室

TOPへ戻る